頭皮にあったシャンプーを使おう

頭皮が荒れる原因の一つ

洗髪をすることで、汚れや汗、余分に分泌された皮脂を適度に落とすということは、頭皮にとって髪の毛にとってもいい状態を保つということになります。そのため、定期的に洗髪をするということは大切なことですが、洗髪時に使用しているシャンプーが洗浄力が強すぎる場合には、かえってダメージとなり頭皮が荒れる原因になることもあります。

 

加齢に伴い、肌質などもある程度変化していきます。そのため、今までは特に問題がなかったとしてもシャンプーによる外部からの刺激によって乾燥や荒れにつながることもあります。

低刺激なものに買い替える

自分の頭皮の状態にもよりますが、刺激が強すぎる場合には、低刺激なタイプのシャンプーに買い替えることも検討しましょう。洗浄力が強いタイプの場合には、汚れなどを落としやすいというメリットはありますが、頭皮に必要な皮脂までも洗い落としてしまうことがあり、肌を保護するための皮脂が不足してしまうと、皮膚の乾燥を招くことになります。

 

頭皮環境を荒れさせないためにも、適度に汚れや皮脂を落とすことを考えて、シャンプーなども一度、見直してみること、自分の肌質にあったものを購入し使用していきましょう。