頭皮にやさしいシャンプーの使い方

頭皮のためできるだけ刺激を避ける

頭皮を清潔に保つためには、シャンプーで汚れをしっかり落とすことが大切です。まずシャンプーをつける前に十分な水量で髪を洗い流します。これで埃や表面についた汚れを相当流すことができます。

 

いよいよシャンプーを頭に乗せていきますが、よく泡立ててから髪につけることが大切です。デリケートな頭皮にダイレクトに当たると刺激が強すぎるので、きめ細かな泡になるまでしっかりと泡立てます。

 

泡立てたら、頭皮をやさしくマッサージするように指の腹で洗っていきます。汚れを落とすことに注力しすぎるとついゴシゴシと力を入れてしまいがちです。これでは皮膚を傷めてしまうことにつながりかねないので、努めて優しく洗ってください。

洗った後のケアも大切に

汚れをしっかり落としたら、再び十分な水量でしっかりと流します。シャンプーの成分が頭皮に残留して良い事は何もありません。泡のヌルヌルがなくなってさらに数秒から十数秒、シャワーで流すのが目安です。

 

洗い終えた後は、柔らかいタオルで拭きます。この時もあまりゴシゴシ力を入れすぎないように注意してください。タオルに水分を吸い取らせるイメージで優しく拭いていきます。ドライヤーの熱も頭皮には良いとは言えませんが、ずっと湿った状態で置いておくのはなお悪いので上手に使いたいです。

 

十分な睡眠をとることも大切です。特に夜10時から深夜2時までは睡眠に充てるよう心がけると良いです。